2017年12月23日

イギリスへ


2017UK3.jpg


イギリスへ行ってきました。

日本も寒波で寒かったようですが、イギリスはさらに寒かったです。
それでも、思っていた以上ではなかったので安心しました。

写真は最後の日に行ったMalmesburyにあるWhatly Manor です。

宿泊やスパ、お食事やお茶が出来る場所で、夜はお子さんはNG。
大人の楽園、というところでしょうか。

こちらでは紅茶を頂いて帰ってきました。
暖かい時期になると庭園にバラが咲き誇り、それはそれは綺麗だそうです。

今の時期は寒いのでお花はありませんでしたが、
お部屋の中がクリスマス一色で、本当に優雅な気分になりました。

9歳の甥っ子と毎日遊んで貰い(笑)、
一体いくつになるまでこんな風に接してもらえるのかなぁ?
と思わずにはいられません。

旅行記はまた後程、写真のアップと共にアップ出来ればと思います。

帰ってきて次の日から仕事、仕事!!
30日まで頑張ります〜!
posted by yossy-blog at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年11月05日

ドイツ旅行8 帰国

帰国の朝、kampsで朝ごはん。
kamps.JPG

昨日のおばちゃん、私がこのパンとこれと、、、珈琲を言う前に
「珈琲2つ?」
と聞いてきました。
もう顔覚えてくれたのね〜!わーい(嬉しい顔)

「Ja Ja(はい はい〜)」とお返事。

ベルリン発祥のパンがあったので食べてみる。

kamps2.JPG

ドーナツに酸味の効いたジャムが入っている感じ。

kamps3.JPG

食べてた後はホテルの回りをお散歩。

2ウラnh.JPG  

ウラnh.JPG

部屋へ戻り荷物の準備をしてチェックアウトをし、スーツケースを預けて
デュッセルドルフの旧市街に行く。

タクシーを降りた後私たちがウロウロしていたら、タクシーのお兄ちゃん
「市庁舎はあっちだよー。」
って指さして教えてくれました。

「市庁舎までお願いっ」って言いながらも、降りた後ライン川が見えたので
川へ引き寄せられて歩いていたのです。笑

なんと親切なタクシードライバー車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

というか、あいつら市庁舎って言ってたのに大丈夫か〜?と思われたのかも。

折角なので仰せの通り市庁舎に向かいました。
向かわないとずっと言われそうだしね。

市庁舎
デュッセルドルフ市.JPG

2デュッセルドルフ市.JPG

3デュッセルドルフ市.JPG

4デュッセルドルフ市.JPG

私たちの他にも地図を手にウロウロしている人が多くてちょっと安心。

ライン川に出てみました。

3ライン川.JPG

川ライン.JPG

川沿いの道も素敵ぴかぴか(新しい) 

4ライン川.JPG

美味しそうなチョコレート屋さんかわいい

5デュッセルドルフ市.JPG

時間が早かったのでまだお店が開いていないたらーっ(汗)

6デュッセルドルフ市.JPG

他にも刃物専門店やおもちゃ屋さん、パン屋さんいろなんお店があります。

7デュッセルドルフ市.JPG

10デュッセルドルフ市.JPG

9デュッセルドルフ市.JPG

蔦が綺麗〜

8デュッセルドルフ市.JPG

ランチは昨日ガイドしてくれたおじさんお勧めの
「シューマッハ」というドイツ料理店へ。

最後にドイツの地ビールを頂きます。ビール


2シューマッハ.JPG


メニューが、、、読めない。。。ふらふら

「あの〜、、、本日のメニューは???」
と聞くと散々見ていたのがそうでした。バッド(下向き矢印)

本日のメニュー 白身のお魚偏

シューマッハ.JPG

ともかく、、、量が多いの。
これ皆さん食べるのでしょうか?

食後のデザート、、、なんて入らず
またひたすら歩いて帰る事に。。。

ホテルの近くで工事していた所。
2日前はな〜んにもなかったのに、もうこんなになっていました。

横nh.JPG

母がきっとここにお花が植わるんだわ〜とかわいいかわいい

一度お世話になったおじさんの所で珈琲を飲んでから帰ろうとお店に行くと、、、

2デュッセルドルフ.JPG


おじさんは居らず、綺麗なお姉さんがいました。
母によく入るわね〜と言われつつも、現地でクーヘン(ケーキ)を食べて見たくて。
珈琲とApfelkuchen(アップルケーキ)を注文。喫茶店

justitia.JPG

ケーキを食べているとおじさんユニフォームを着た友達をいっぱい連れて帰ってくる。
急にお姉さんが忙しくなってしまい、私がお会計どうしようかなぁと
困っているとおじさん気が付いてくれてお会計をしてくれました。

「君は一昨日きた〇△☓◇仝§¶Θ」
と聞こえたので、
「そうなのアルトビールとピルスナーを頼んだの。
このケーキ美味しかった!!」

と、何となくそんな事を言ってみると

「君はドイツ人になれるね〜」ですって。わーい(嬉しい顔)
おじさんリップサービス上手exclamation×2
きっと学生に見えたのね。目
頑張りますメモ手(グー)

荷物を取って空港へ向かう。飛行機
帰るのやだなぁ〜。失恋
折角慣れてきた頃にバイバイは寂しいです。もうやだ〜(悲しい顔)

あまりにも早く空港に着いてしまったので、空港内をウロウロ。
生ピアノの音が聞こえる〜るんるん
音の聞こえる方へ行ってみると大きなおじさんがピアノを弾いていたので
近くのカフェで聞くことに耳

1曲1曲が短く、誰もが知っていそうな曲を次々と弾いてくれるんですが、
これが上手い。
きっと今はBGMモードだと思うから、この人本気で弾いたらどうなるのかなぁ???
ひゃ〜っ気になる。犬

空港ではまたもや厳しい手荷物検査が待っていました。
ヒースロー空港で靴に引っかかった母が、とても気にしていたので、
検査のお兄ちゃんに「この靴大丈夫〜?」って聞いてみると
「大丈夫だよ〜」と言っていたのが

母には「脱いだらヒエヒエになっちゃうよ。」と聞こえたらしい。耳
う〜ん、もしかしたらそう言ってたかもしれない。猫

もうすぐ落ちてしまいそうな夕日が名残惜しいこの場所からお見送りをしてくれました。

2デュッセルドルフ空港.JPG

帰りたくな〜いあせあせ(飛び散る汗)
もっと沢山見てみたい所があったのに〜ぃ。
でも次回来る機会があるならば、もっと会話が出来る様にしようexclamation
と意気込み飛行機に乗るのでした。

でも飛行機の中では、、、今までの緊張感が解けて爆睡。眠い(睡眠)

帰りの10時間は、、、長かったです。飛行機




おしまい。



今回の教訓メモ

かわいい本屋へ行って地図を買う。
かわいい果物ナイフを持って行く。



帰国後談メモ

ヨーロッパのお菓子を見つけると思わず手に取ってしまいます。かわいい

醤油もん、味噌味が無性に食べたい。かわいい

日本人だなぁ。。。
posted by yossy-blog at 10:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行

2014年11月04日

ドイツ旅行7 トーンハレ

半日ケルンツアーから帰り、今夜はお待ちかねララファビアンのコンサート。るんるん

もうドキドキです。
コンサートまでまだ時間があるので、お昼に頂いたビールが思いの外
効いてしまった母は一休み。眠い(睡眠)

私はテンション上がりっぱなしなのでお散歩に。くつ
そう、チッとか言われながらも少しずつ慣れてきたんです。猫

一人でウロウロ。
何処へ行っても好きなのがスーパー。わーい(嬉しい顔)
その国の生活が見えるのでとても楽しいです。

スーパーで果物を買い、色々と物色するものの、瓶は持って帰るのが大変だよなぁ〜
とか別なスーパーにまた行けるかなぁとか。
取り敢えず考えて、、、と一度出て歩き始めると、
100円ショップならぬ、Euroショップがexclamation×2

キャ〜これは覗くでしょう。目ぴかぴか(新しい)

面白〜いexclamation
流石ドイツだなぁ〜と思うのは、100キンでも作りがしっかりしているんです。

euro shop.JPG

一休みの母が起きて、一緒にホールへ。ダッシュ(走り出すさま)

トーンハレというホールは外から見るとこんな感じ。

5トーンハレ.JPG


そして入口にはドイツの音楽家達がお出迎え。

シューマン
2トーンハレ.JPG

クララ・シューマン
3トーンハレ.JPG

メンデルスゾーン
4トーンハレ.JPG

ブルグミュラー
トーンハレ.JPG

皆顔が似ている。。。と思うのは私だけでしょうか?猫


開場。時計

6トーンハレ.JPG

沢山のドリンク、そしておつまみが販売され開演の前を楽しむお客さん達。バー

ここでも怪しげなアジア人は私達だけ。
お客さんは小さなお子さんから年配の方まで年齢層が幅広かったです。

さぁ、ホールへ。
天井が高く丸くなっています。

12トーンハレ.JPG

7トーンハレ.JPG

ステージは思ったよりも狭かった。

11トーンハレ.JPG

この額縁は思わせぶりですね〜。

10トーンハレ.JPG


コンサートは2時間ノンストップでした。時計
まずビックリしたのは、演奏中も写真がOKな事exclamation
しかもフラッシュ付き。
皆慣れているのだろうけど、正直聞いている方も鬱陶しい。

カシャとか音も出るしせめて演奏中は止めて欲しいなぁ。
MCの間とかで私も1枚だけ写真が欲しかったから、
何度か撮ろうかと思ったけれどやはり出来なかった。

逆の立場を考えるとこれは出来ない。

それでも物凄い集中力で2時間歌い続けたララファビアン。るんるん
外人の集中力って凄いってきくけど、本当に凄い。


8トーンハレ.JPG


この額縁はピアノ、ギター、ベース、ドラム&パーカッションの人達の影絵になっていて
3曲目の始まる時に布がサッと外される演出。ぴかぴか(新しい)

大好きな曲の途中で前に座っていたおじさんが煩くて、イラッときていたら
もう一つ前に座っていた男性がくるっと振り返り、
僕たちは音楽を聴いているのだから静かにしろ!!むかっ(怒り)
みたいな事を言って注意しました。

ちゃんと聞こえた訳ではないので、みたいな事、、、なんですが、
こういうの雰囲気で分かりますね。

一瞬シュンとなったおじさん、それでもお酒が入っているからか
隣の女性と話したり、動画を録ったりしている。
(海外のコンサートの動画が多いのはこの為ですね。
なんで動画がこんなに多いのかと思った。)

今度堪忍袋の緒が切れたら後ろから耳元で囁いてやるっと思っていました。むかっ(怒り)

でもどんどんララ様のコンサートの世界に引き込まれていって、
目の前のおじさんどうでもよくなってしまいました。
素晴らしい時間を本当にありがとう。ぴかぴか(新しい)

ベーシストのアルコが美しかった。
ベースというよりチェロを聞いているみたい。
こんな風に弾けるんだなぁ。るんるん

余韻を残す会場に後ろ髪を引かれつつホテルへ帰る。

タクシーに乗るのにも慣れてきて、
最後に「Auf Wiedersehen!(さようなら!)」とこちらから言うと
何故か皆にっこりわーい(嬉しい顔)笑顔になる。

ドイツは挨拶を重んじる国。
挨拶、しているようでちゃんと出来ていなかったような気もします。
ちゃんと言っても相手に聞こえていなかったり、、ね。
挨拶ってし始めると癖になって、日本に帰ってからもお店で(スーパーでも)
「こんにちは〜」って言ってしまいます。笑

する方も、される方も、気持ち良いものね。かわいい

明日はもう帰国。。。寂しい〜あせあせ(飛び散る汗)もうやだ〜(悲しい顔)


続く。
posted by yossy-blog at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行